美和電気工業株式会社

menu

分析ソリューション

当社は、業界最先端の技術を提供するアジレント・テクノロジー社の正規販売店です。
北海道・東北地域において、環境・水道・食品・製薬・大学・研究所などのお客様へ、各種分析装置・ネットワーク・消耗品・サポート商品を提供しています。
また、協力メーカーによる周辺機器も取り扱っており、トータルソリューションでのお客様の業務をサポートしています。

高速液体クロマトグラフ 質量分析計

Agilent 1260 Infinity Ⅱ Prime LC

Agilent 1260 Infinity Ⅱ Prime LC

LC 分析の効率、信頼性、利便性が大幅に向上

1260 Infinity Ⅱ Prime LC は、1260 Infinity Ⅱ LC ファミリで最も機能性と利便性に優れたHPLC および UHPLC 分析システムです。最大流量 5 mL/min、最大圧力 80 MPa の範囲に対応しており、分離における精度と正確性がきわめて高く、分析結果の信頼性が大幅に向上します。機器自動化機能によってマニュアル作業が減少し、日々の分析業務でワンランク上の快適さが実現します。

Agilent 1290 Infinity Ⅱ

Agilent 1290 Infinity Ⅱ

UHPLCの新たなスタンダード

新しい Agilent 1290 Infinity Ⅱ LC は、UHPLC の未来を具現化するLCシステムです。アジレントならではの優れた信頼性と堅牢性に加えて、3 つのポイントに注目して効率化を最大限に高める革新的な技術を備えています。

分析の効率を最大化
比類のない分離性能および検出性能により、最高品質の分析データを提供し、分析結果に究極の信頼性を提供します。

機器の効率を最大化
最高のサンプル収容数と最速の注入サイクル時間、および最適化した操作性により、あらゆるアプリケーションで最高のスループットを実現します。

ラボの効率を最大化
現在のインフラとのシームレスな統合と、従来の機器からのスムーズなメソッド移管により、最高の生産性と最小限のシステム維持費を備えたLCシステムへ問題なく移行できます。

Agilent 1260/1290 Infinity Ⅱ 分取精製 LC システム

Agilent 1260/1290 Infinity Ⅱ 分取精製 LC システム

自動精製用の使いやすい機器
1260/1290 Infinity Ⅱ 分取精製 LC システムは、分析スケール(< 10mL/min)、1 ~ 50 mL/min、さらに最大 200 mL/min まで対応できる分取スケールシステムを取り揃え、幅広いカラム内径でのアプリケーションに対応可能です。ミリグラムからグラムの単離を可能にする、ハイスループットのラボスケールルーチン精製に適したシステムです。

マスベースフラクションコレクションで効率を最大限に
分取LC/MS システムは、ラボの精製ニーズに合わせて、UV およびMS、さらには複数のフラクションコレクタで構成することができます。自動サンプル注入によりルーチン分析のスループットが向上すると同時に、マスベースフラクションコレクションによって純度を最大限に高め、再分析を最小限に抑えられます

Agilent 質量分析ファミリー

Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS

Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS

Ultivo は、LC/TQ に変革をもたらす最新製品で、ボルテックスコリジョンセル、サイクロンイオンガイド、VacShield という 3 本柱の革新的な技術 (Tt) が基軸となっています。 これらの革新的な技術が、優れた感度、堅牢性、信頼性、性能を実現し、ハイスループットでのサンプル分析に追われるラボでの課題を解決します。 また、さらに使いやすくなった「Quant-My-Way」ソフトウェアによって、ルーチン分析などのラボのワークフローに合わせて表示項目を簡単にカスタマイズできるようになりました。機器のメンテナンスを必要とするコンポーネントが一目でわかる、システム診断機能も搭載されており、ラボのダウンタイム削減を図ることができます。Ultivo は、アジレント初の LC モジュールがスタック(積み重ね)可能な LC/TQ で、LC をMS 本体上に積み重ねることで、省スペースで設置することも可能です。Ultivo は、「常識を超えるパワーと驚くべきコンパクトさ」を両立させた製品です。

Agilent LC/MSD iQ

Agilent LC/MSD iQ

Agilent InfinityLab 液体クロマトグラフィー/質量選択検出器 iQ(LC/MSD iQ) システムは、化合物の迅速な確認に不可欠な質量検出機能を備えております。LC によるクロマトグラフィーで分離困難な化合物でも、UV 検出器より優れた特異性と選択性をもたらす LC 検出器です。この質量選択検出器により、医薬品、アカデミア、化学、食品などのさまざまな研究分野で、シンプルな分析でありながら、その信頼性を高めることが可能となります。

自動取り込み (Auto Acquire) モードなどの機能を備えたスマートソフトウェアを使用することで、導入してすぐに運用が可能となり、質量分析に不慣れなユーザーでも LC の検出器感覚で簡単にラボへ導入できます。Agilent InfinityLab LC システムは、このコスト効率の高い質量検出器とシームレスに連携するように設計されており、シンプルさ、安定性、効率の面でワークフローの向上を実現します。

ガスクロマトグラフ 質量分析計

8890 GCシステム

8890 GCシステム

8890 ガスクロマトグラフ (GC) システムは、実績ある信頼性と優れた性能を受け継いでおり、分析ラボの働き方改革を支援するスマートコネクテッド GC です。IoT (Internet of Things) 技術によるインテリジェント機能が搭載され、誰もがエキスパートとして使用できる GC システムです。非常に柔軟な構成が可能なガスクロマトグラフシステムである 8890が、あらゆるお客様の分析ニーズに応えます。結果が重要で機器の操作が必須の状況において、常に期待以上の稼働時間と精度を実現します。

ブラウザインタフェースのリモート通信機能によって、ラボの内外からGC システムのモニタリング、システムログのチェック、診断テストを実行できます。

キャピラリ・フロー・テクノロジー (CFT) によって独自のガス流路接続が可能です。これには、多次元ガスクロマトグラフィー (GC xGC/Deans スイッチ)、包括的二次元ガスクロマトグラフィー (GC x GC)とフローモジュレーション、オーブン内に取り付け可能でごく低熱容量の分析カラムの先端、中間、末端でのバックフラッシュなどがあります。

キャリアガス切替スイッチ、水素センサ、代替キャリアガスソリューションなどの低コストかつ高度なエレクトロニックニューマティクスコントローラによって、ヘリウム消費量を大幅に削減して、ラボの柔軟性を確保しつつ安全性をさらに高めることができます。

Intuvo 9000 GCシステム

Intuvo 9000 GCシステム

Agilent Intuvo 9000 GC システムは GC 分析方法を変え、より高い生産性とより最適なビジネスの成果を実現するための新しい道を拓きます。
IoT (Internet of Things) 技術によるインテリジェント機能が搭載された分析ラボの働き方改革を支援するスマートコネクテッド GC です。誰もがエキスパートとして使用できる最新 GC システムです。Intuvo はアジレントの実績のある堅牢性と性能を礎に構築され、既存の操作限界を取り除く重要な革新技術を採用し、操作の簡素化、運用コストの削減、機器の稼働時間の向上を提供しています。

フェラルフリーのクイック接続により、オペレータの経験に関係なく、リークのない接続を完全に実現できます。
ガードチップは、下流のコンポーネントを汚染物質から保護することによって、カラムのクリップを不要にします。カラムは保護されるだけでなく、性能が維持されます。

ダイレクトヒーティングと独自の平らなカラム設計により、従来のエアバス 式GC のわずか半分の設置スペースと半分以下の消費電力で優れた加熱性能を実現しています

5977B シリーズ GC/MSDシステム

5977B シリーズ GC/MSDシステム

Agilent 5977B GC/MSD は、きわめて信頼性の高いシングル四重極GC/MS システムシリーズの最新システムです。環境、化学、石油化学、食品、法医学、医薬、材料分析などのラボを対象に設計されており、世界中で非常に多くの稼働実績があります。
長年の革新技術に基づき設計された超高感度イオン源 (HES) とイナートプラスEI イオン源などは高いイオン化効率でイオンを生成し、それらのイオンが四重極アナライザに移送され、高感度分析を実現します。この新しい質量選択検出器 (MSD) 設計を採用した 5977B は、ルーチン分析や、堅牢性と信頼性が求められる分析で広く利用される シングル四重極GC/MS です。

向上した感度 (10 倍以上) と 1.5 fg IDL という高感度な検出下限により、従来のトリプル四重極 MS レベルの検出下限の性能をシングル四重極MS でも実現しています。
10 分の 1 のサンプル量で従来と同様の感度で測定できることで、分析に必要な試料の保管、前処理、破棄の運用および輸送のコストをさらに抑えることができます。
JetClean セルフクリーニングイオン源により、手作業によるイオン源のクリーニングの必要性を大幅に低減できます。

7000D トリプル四重極 GC/MS

7000D トリプル四重極 GC/MS

新しい 7000D トリプル四重極 GC/MS は、実績のあるエクストラクタイオン源を搭載したトリプル四重極 GC/MS の最新モデルです。7000Dは、新しい取り込みモードであるダイナミック MRM (dMRM) によって、使いやすさと効率性がかつてないほど向上しています。Agilent 5975または 5977 GC/MSD システムを使用しているラボでは、7000D にGC/MSD SIM/スキャンメソッドをそのまま読み込んでシングル四重極GC/MS としても使用することができ、ラボの機器の作業負荷のバランスが取れます。

7250 GC/QTOF GC/MSシステム

7250 GC/QTOF GC/MSシステム

Agilent 7250 Q-TOF GC/MS システムでは、フルスペクトルの高分離能精密質量データを広いダイナミックレンジにわたって採取することができます。GC で分析可能な化合物の同定、定量、解釈を行う究極のツールです。このシステムには、低エネルギー EI 機能を提供する EI イオン源が搭載されています。

高効率のイオン化に加え、MassHunter の SureMass アルゴリズムにより一致スコアの高いライブラリ品質の化合物スペクトルを高精度かつ高感度で得られるため、化合物の検出と分子推定の信頼性が高まります。

MS/MS の機能と、より多くの情報を引き出すことのできる Molecular Structure Correlator (MSC) ソフトウェアにより、化学構造を推定することができます。

元素分析計

Agilent 8900トリプル四重極 ICP-MS

Agilent 8900トリプル四重極 ICP-MS

革新的な性能を誇る次世代トリプル四重極 ICP-MS

・ 高感度
・ 1 質量毎に制御できる Q1 : より優れた干渉除去を実現
・ 非常に優れたアバンダンス感度: 主成分に隣接した微量元素も測定可能
・ 超高速データ採取: ナノ粒子などに対応

Agilent 7900 ICP-MS

Agilent 7900 ICP-MS

シングル四重極 ICP-MS として最高の性能を誇るAgilent 7900 ICPMS
卓越した感度、マトリクス耐性、ダイナミックレンジなどを実現

・ 高感度
・ 非常に高いマトリクス耐性: 飽和食塩水 25 %NaCl 導入可能
・ 優れたダイナミックレンジ
・ 優れた干渉除去
・ 超高速データ採取: ナノ粒子などに対応

Agilent 5900 ICP-OES

Agilent 5900 ICP-OES

スピードにも精度にも妥協のないスマートなICP-OES

・ICP-OES 専用の世界最速CCD 検出器により、迅速な測定によるトータルランニングコスト低減
・アキシャル・ラディアルを同時測定 (5900)
・垂直トーチと独自の高周波技術により高いマトリクス耐性を実現
・全波長高速スキャン(Intelli Quant 2.0)
・サンプル毎に、他の元素によるスペクトル干渉情報の表示
・検量線から検出下限値を自動算出(QC 機能)
・測定値の統計・検定機能によりデータ解析を支援
・ネブライザーガス圧力の常時モニタリング(PRO Software)
・メンテナンスが必要なタイミングを通知(通知タイミングはカスタマイズ可能)
・独自技術によりコンパクトな光学設計を実現して、検出下限・分解能がさらに向上
・コンパクトサイズ: 幅625 mm、奥行740 mm、高さ887 mm、質量90 kg

分光分析計

Cary 3500 UV-Vis 分光光度計

Cary 3500 UV-Vis 分光光度計

Agilent Cary 3500 UV-Vis 分光光度計は、優れた測光性能と独自の測定能力を備えています。複数の構成が用意されており、例えばマルチゾーンマルチセルでは、8 つのキュベット位置で同時に最大 4 つの温度ゾーンを設定して測定できます。また検量線作成とサンプル定量を同時に行うことが可能になります。Cary 3500 UV-Vis は性能と低所有コストに定評があり、核酸医薬や抗体医薬、生体分子、 DNA、RNA、オリゴ、タンパク質、mAbs、タンパク質治療薬、等様々な研究や実験計画の効率化と、結果の信頼性向上を実現します。

Cary 3500 UV-Vis 分光光度計は、「エンジン」ユニットと複数のモジュールで組み合わせることが可能です。
どのシステムも、190 ~ 1,100 nmの波長範囲で0.1 ~ 5.0 nm まで 0.01 nm 間隔での取得が可能です。

•Cary コンパクトモジュール: リファレンスとサンプル位置付きのダブルビームシステム
•Cary マルチセルモジュール: 8 つのキュベットを備えたダブルビームシステム
(リファレンスとサンプルの組み合わせも可能)
•Cary UVワークステーションソフトウェア
モジュールの自動認識、効率的なメソッド設定、データ解析用の標準搭載の計算機能
•Cary 3500 UV-Vis エンジン: キセノンフラッシュランプ、高速データ取得のリトロー型ダブルリトローモノクロメータ、高集光ビームによる高い精度、広い吸光度範囲
•HP デスクトップ PC パッケージ (オプション)

LDIR ケミカルイメージングシステム

LDIR ケミカルイメージングシステム

Agilent 8700 LDIR (Laser Direct Infrared) ケミカルイメージングシステムは、洗練された高度な新しいアプローチ手法によるケミカルイメージングとスペクトル解析分析を実現する赤外イメージングシステムです。専門家でもそうでないユーザーでも使用できるように設計されており、大幅に自動化されたシンプルなアプローチで、表面の成分の高精細イメージを確実に得ることができます。
8700 LDIR なら、より多くのサンプルをより詳しく、しかもわずか数分で分析できます。この強力なソリューションは、これまで以上に詳細な統計データを提供し、従来は顕微ラマンなどで行っている、医薬品の錠剤の表面分析、結晶多形、錠剤の安定性分析、ラミネート、組織(バイオイメージング)、ポリマー、繊維の組成分析、マイクロプラスチック、等に役立ちます。有意義な情報をより多く得られるため、製品開発において情報に基づいた意思決定を迅速に下すことができ、コストの削減と分析時間の短縮が可能になります。

医薬品

医薬品

― 錠剤内の医薬品有効成分(API)と賦形剤の空間的分布の高解像度イメージを迅速に取得。これらのイメージが、製剤開発と製造のトラブルシューティングにおける強力なツールに
― 結晶多形、結晶化、塩交換に影響する要因の調査
― 多層錠剤の分析-層間と層内の一貫性をモニタリング
― 一貫性のための単一および多層コーティングの分析
― 製剤と溶出試験との相関(化学的および物理的構造)
― 混入異物と不純物の同定
― 偽造薬物の分析-医薬品錠剤のスペクトルおよびイメージデータベースを作成し、偽造品対策を支援

3種のAPI(アセトアミノフェン、アスピリン、カフェイン)と4種の賦形剤からなる一般的な錠剤の頭痛薬の高空間分解能ケミカルイメージ、錠剤(直径11mm)中に含まれる、7種の成分すべてがわずか1時間以内にピクセルサイズ10μmでイメージ化されました。

LDIRによるマイクロプラスチック分析ワークフロー

適切なサンプル前処理によってサンプルからマイクロプラスチックを抽出した後、マイクロプラスチックを高純度エタノールに懸濁します。次に、以下のステップに従って、各マイクロプラスチックの化学的同定を行います。

ステップ1.Kevley社製スライドやIR反射型フィルタなど、平坦な反射面上にマイクロプラスチックを広げます。

ステップ2.スライドをLDIRにセットし、ドアを閉めます。Agilent Clarityソフトウェアにより、分析が自動的に開始されます。

ステップ3.単波長のビームにより領域がスキャンされ、すべての粒子が検出されます。10 x 10 mmの領域をピクセルサイズ5μmでスキャンする場合の所要時間は、わずか4分です。その後、検出された粒子(明るく見えている点)を対象に、それぞれのIRスペクトルが採収されます。

ステップ4.各スペクトルがスペクトルライブラリと照合され、各粒子の化学組成が同定されます。また、LDIRに搭載された高倍率可視カメラにより粒子が撮影されます。以下の例は、下水サンプルで同定されたポリスチレンマイクロプラスチック粒子の分析データです。

8700LDIRにより、マイクロプラスチック粒子の総数の割合がプラスチックタイプ別にレポートされます(上段)。この他、粒子サイズ範囲ごとに各プラスチックタイプの粒子数を示したグラフ(下段)など、さまざまな統計情報がレポートされます。

アフターサポート商品「Agilent サポート・サービス」

保守プラン

-ゴールド
最優先対応、ご契約内出張修理対応、修理用部品、不具合発生時に交換した消耗部品
メンテナンス(1回/年)含む

-シルバー
優先対応、ご契約内出張修理対応、修理用部品、不具合発生時に交換した消耗部品
メンテナンス(1回/年)含む

-ブロンズ
優先対応、ご契約内出張修理対応、修理用部品、不具合発生時に交換した消耗部品

-延長保証
優先対応、ご契約内出張修理対応

Agilent サポート・サービス 保守プラン

* 地域の部品交換ポリシーに準じます。
** ご利用いただくには、インストールが必要です。最小限の数のシステムと接続する場合、据付料金は適用されません。
† 一部のレポートが利用可能。
※ 接続機器が5台以上の場合は、契約に含まれます。

点検プラン

動作と精度の信頼性を向上
多様な分析システムにおいて、修理頻度が 25 % 減少し、年間の機器のダウンタイムが平均 2 日間低減します (5 年間の実績値より)。

ダウンタイムの低減と予防的修理ダウンタイム
稼働時間が年間平均 31 % 増加します (5 年間の実績値より)。

高品質のアジレント純正の部品、および消耗品と認証済みの手順により、常に最高レベルのメンテナンスが提供されます。

必要な出張費、作業費、消耗品が保守契約にすべて含まれ、エキスパートによる分析システムの点検、クリーニング、キャリブレーション、グリスアップが実績ある手順に従って実施されます

磨耗しやすい部品を交換
状態にかかわらず、規定のメンテナンス手順に従って予防的に交換します

サンプル流路コンポーネントの交換 (拡張メンテナンス)
ガスクロマトグラフ (GC) または GCMS GC、ヘッドスペースサンプラが装着された GC/MS システムが対象になります。

溶媒流路コンポーネントの交換 (拡張メンテナンス)
LC、LC/MS システムの LC 部の検出器コンポーネント(重水素ランプを含む) も含め、状態にかかわらず予防的に交換します。

定期メンテナンスサービス:ラボの生産性向上に有効な投資
アジレントが世界中のシステムデータを使って実施した研究によると、ラボが規模が拡大し、新しい機器が増えるにしたがって、障害発生率が上がっています。それはなぜか?ほとんどの最新機器で、使用開始から1~2年以内に障害が多く発生するためです。この障害発生率は、機器の使用年数が増えるにつれて落ち着いてきますが、調査の結果、ラボが点検サービスプログラムを実施していれば、すべてはシステムで障害発生率が最大25%低下することがわかっています。

点検プラン

※第三者機関がアジレント機器と他社製機器の修理依頼38,000件以上を対象に実施した5年間にわたる調査に基づく。

コンプライアンス

規制当局による監査のリスクを最小化
2017 年版 USP <1058> へのコンプライアンスを目指し、ラボの SOP に沿ったコスト効率の高い適格性評価プロセスの導入をアジレントがお手伝いします。

プログラムを標準化
Agilent CrossLab Automated Compliance Engine (ACE) ソフトウェアにより、プロトコルの遵守、正確な結果、一貫した計算、容易に保管/検索/読み込み可能なペーパーレスのレポートが実現します。

時間とコストを削減
きわめてコスト効率の高い適格性評価サービスにより、確認および承認時間が短縮されます。
適格性評価の計画、およびレポートを電子形式で利用できるため、データインテグリティの確保に加え、保管、検索、および読み込みが容易になります

効率性の向上
アジレントのコンプライアンス認定エンジニアが、実績ある自動化プロトコルと試験装置を使用してすばやく確実に適格性評価レポートと証明書を提供します。より短時間での稼働再開が可能です。

文書化ワークフローを簡略化
Agilent CrossLab の据付時適格性評価 (IQ) 、および稼働時適格性評価 (OQ) レポートは、完全なトレーサビリティを備えた監査に対応した文書です。コンプライアンス違反のリスクを最小限に抑えることができます。

ラボの SOP に適応可能
試験プログラムは設定可能です。ラボ固有の要件に従って機器の動作試験範囲を調整することができます。

コンプライアンス

コンサルティングサービス

•コンピュータシステムバリデーション (CSV)
•監査/評価
•カスタム手順書の作成
•コンプライアンスに関するトレーニング/教育
•メソッドバリデーション
•クリーニングバリデーション
•プロセスバリデーション

Agilent Universityトレーニングコース

アジレント機器への投資から最大限の利益を引き出すには、スタッフへの適切なトレーニングが欠かせません。
Agilent University では、次のトレーニングオプションから選択いただけます。

・アジレント施設で学習するクラスルームトレーニング
・受講者が各自のペースで学ぶことができるオンライントレーニング
・移動の手間や出張費をかけずにスタッフ全員をトレーニングできるオンサイトトレーニング標準コースとカスタムコースをご用意しています。

いずれのトレーニングも必要なスキルの習得が可能で、アジレント機器への投資から大きな利益を引き出せるようになります。

スキルの向上を目指しませんか?
以下のいずれかのオプションより、分析機器の操作方法を学ぶためのトレーニングがご利用いただけます。

1 2 3

Agilent CrossLabスマートアラート

Agilent CrossLab Smart Alerts ソフトウェアは、ラボ内のあらゆる PC に簡単にインストールできます。
インターネットに接続する必要はありません。機器の使用状況をモニタリングし、消耗品の交換時期や点検の実施時期を電子メールでお知らせします。ラボ全体の機器に関するアラートを 1 通の電子メールでまとめて受信することができます。ダウンタイムの低減や機器の稼働状態を維持するといったメリットが得られます。

Agilent CrossLabスマートアラート

様々な分析

私たちが日常、何気なく食べている加工食品や生鮮食料品の安全も、成分分析により確保されています。

ソリューションに関するお問い合わせ

お問合せ
ページの先頭へ