美和電気工業株式会社

menu

分析ソリューション

最先端の製品とサービスで多様化するラボ分析のニーズにお応えします。

ガスクロマトグラフ

ガスクロマトグラフィーの進化は、常にアジレントから

Agilent 7890B

Agilent 7890B

アジレントのフラグシップモデルである 7890B GC システムは、生産性を大幅に向上し、より適切なリソース管理によって環境を守り、信頼性の高いデータを生成するために必要なすべてのテクノロジーを備えています。さらに、Agilent 5977B シリーズ GC/MSD のシームレスな双方向通信によってベント時間が短縮され、水素キャリアガスを使用する場合に便利なシステム保護機能が加わりました。
Agilent 7890B GC は、先進の性能と、生産性向上のための機能を併せ持つ、理想のGCです。

Agilent 7820A

Agilent 7820A

Agilent 7820A GCは、リーズナブルな価格でありながら高い品質と信頼性を提供します。

45年以上にわたって GC業界をリードしてきた実績をもつアジレントは、最も厳しい動作条件下での信頼性と稼働時間について、世界的に高い評価を得ています。

Agilent 6850 シリーズⅡ

Agilent 7890B

Agilent 6850 シリーズ IIのネットワークGCシステムは、卓越した性能と使いやすさをコンパクトなサイズで実現したGCです。通常のGC1台分の半分のスペースに設置することができ、スタンダードなGCとほぼ同程度の分析データを得られます。

液体クロマトグラフ

アジレントのLCは、進化を続けています。
InfinityLAB LC シリーズ

Agilent 1220 Infinity Ⅱ

Agilent 1220 Infinity Ⅱ

Agilent 1220 Infinity Ⅱ LCは、コストパフォーマンスに優れた高性能でコンパクトな装置です。

Agilent 1260 Infinity Ⅱ

Agilent 1260 Infinity

Agilent 1290 Infinity Ⅱ UHPLCのテクノロジーを受け継ぎ、最高のHPLC精度と堅牢性を持つ新製品 Agilent 1260 Infinity Ⅱ

新しい 1260 Infinity Ⅱ LC は、性能と価値の水準を新たなレベルに引き上げ、分析結果の信頼性を高めます。60 MPa (600 bar) のパワーレンジ(圧力流量範囲) と、サンプリングレート 120 Hz の UV 検出器スピード、最大 10 倍の感度を兼ね備え、最高の分析を実現します。同時に、既存の HPLC メソッドを、まったく変更を加えずに実行することもできます。

つまり、あらゆる HPLC および UHPLC アプリケーションに最適なソリューションといえます。
この優れた性能を持つ 1260 Infinity Ⅱ LCは、一般的な HPLC 分析における新たなスタンダードです。

Agilent 1290 InfinityⅡ

Agilent 1290 InfinityⅡ

新しい Agilent 1290 Infinity Ⅱ LCは、次世代のUHPLCを具現化するシステムです。アジレントならではの優れた信頼性と堅牢性に加えて、3つの観点から研究の効率を最大限に高める革新的な技術を備えています。

分析効率、機器の効率、ラボの効率を最大化

Agilent 質量分析 ファミリー

Agilent 7900 ICP-MS

Agilent 7900 ICP-MS

Agilent 7900 ICP-MSは、ICP-MSの新たな次元の扉を開きます。
マトリクス耐性、ダイナミックレンジ、S/N比が10倍向上し、パワフルなソフトウェアがあなたに代わりメソッドを作成します。
革新的な技術を集結し、新しいMassHunterソフトウェアを搭載したAgilent 7900は、世界で最もパワフルで、自動化を実現する、四重極ICP-MSです。
数十%TDSのマトリクス耐性、最大11桁までのダイナミックレンジ、効果的なヘリウムコリジョンモードによって、どのようなアプリケーションにも対応する精度の高い分析を実現します。

Agilent 5977B シリーズ GC/MSD

Agilent 5977B シリーズ GC/MSD

Agilent 5977B HES GC/MSD システムは、きわめて信頼性の高いシングル四重極 GC/MS システムを提供してきた長い伝統を基盤として設計されています。
アジレントは最先端の超高感度イオン源 (HES: High Efficiency Source) を 導入することによって新しい技術領域を切り開き続けます。

基本的な原理として、質量分析の感度は測定されるイオンの数に依存します。
5977B HES GC/MSD の超高感度イオン源 (EI モード) は、高いイオン化効率でイオンを生成し、 四重極アナライザに移送するイオン数を大幅に増加させます。
超高感度イオン源の革新的な設計は、シングル四重極 MS の性能を一新し、2 つの大きな利点をもたらします。

利点110倍のイオン化効率

向上した感度により、1.5 fg IDL という極めて高感度な検出下限を実現。つまり従来のトリプル四重極の検出下限の性能が今、シングル 四重極 MS で提供されます。

利点210分の1のサンプル必要量

従来の MS の感度で十分な場合でも、この 10 倍高感度な性能により、サンプル導入量の削減が期待できます。これにより、サンプル前処理の手間やメンテナンスの時間を短縮でき、同時にサンプルの輸送コストを削減できます。

Agilent 6500 Q-TOF LC/MS

Agilent 6500 Q-TOF LC/MS

Ultra High Definition(超高精細)TOF テクノロジーが、分析性能と信頼性の飛躍的な向上を実現しました。
Agilent Accurate-Mass 6500 シリーズ Q-TOF LC/MSは、高品質のデータと、信頼性の高い分析結果をご提供します。
PTM解析、バイオマーカープロファイリング、代謝物同定、農薬スクリーニング、インタクトタンパク質の特性解析などに対応可能なAgilent TOFおよびQ-TOFソリューションは、最先端の研究分野で要求されるデータ品質をご提供します。

様々な分析

私たちが日常、何気なく食べている加工食品や生鮮食料品の安全も、成分分析により確保されています。

ソリューションに関するお問い合わせ

お問合せ
ページの先頭へ